創業理念

「自動車だったらトヨタ、家電だったらソニーといった、日本発で世界一といえるような会社を、ITの世界でも創りたい」

2011年11月15日、高専卒の技術者たちがつくばに集まり、「日本から世界的なIT企業を生み出そう」という想いを抱いたことで、フラーは生まれました。

戦後、日本からは自動車や家電をはじめとした世界中で愛される製品が数多く生み出されました。
それは一重に、技術立国を志した技術者たちの努力の賜物だったはずです。

「車や家電だけでなくITの領域でも、世界に誇れるプロダクトを数多く創り出したい」

この想いは、創業から8年経った今でもまったく変わらぬどころか、日に日に強まっています。
ヒトが大好きでモノ創りに熱心なメンバーがどんどん集まり、フラーは日々進化しています。

いつの日か、世界一のブランドになる日を夢見て。
創業時の想いを大事にしながら、これからも歩んでいきます。