リリース

フラーの共創スタジオ、筑波大学の公式アプリを開発

卒業生や関係者も大学を見守り応援できるプラットフォームへ

フラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太、櫻井 裕基)の共創スタジオはこのたび、国立大学法人筑波大学(所在地:茨城県つくば市、学長:永田 恭介、以下筑波大学)と、筑波大学の公式スマートフォン(以下、スマホ)向けアプリ「筑波大学アプリ TSUKUBA FUTURESHIP」を開発いたしました。

TSUKUBA FUTURESHIP

「筑波大学アプリ TSUKUBA FUTURESHIP」は、筑波大学の在校生や卒業生、その他関係者様のためのアプリです。大学の研究、スポーツ、講義についての情報や、大学新聞をはじめとする各種メディアの記事といった、様々なジャンルの大学公式ニュースを通知で受け取ることが可能。また、ニュースを閲覧できるだけでなく、大学への寄附をアプリを通して行うことができるのも、大きな特徴となっています。大学が在校生だけでなく、卒業生や大学関係者といった大学を取り巻く全ての方々と、日頃より関係構築を行えるアプリならではのプラットフォームを実現しました。

筑波大学は2023年10月の開学50周年に向けて、一昨年6月には「創基151年筑波大学50周年記念基金」を設立し、大学の教育や研究の支援、キャンパス内の施設改修、整備などのための寄附を募っています。それに合わせ、本アプリには大学の活動を見守り、応援したいと思ってくださった卒業生や関係者の方々がアプリを通して大学に寄附していただける機能を備えました。

筑波大学アプリ TSUKUBA FUTURESHIP 公式サイト
https://futureship.sec.tsukuba.ac.jp/futureship.app/
App Store
https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id1479675227
Google Play Store
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ac.tsukubafutureship.app

フラーと筑波大学

当社の創業者兼代表 渋谷は筑波大学の卒業生で、創業間もなくから当社は筑波大学の研究室と共同研究を行うなど産学の連携を継続して推進しています。筑波大学の起業家育成プログラム「筑波クリエイティブ・キャンプ」にて渋谷が講師として教鞭を取るなど、多様な領域で筑波大学とは連携を深めております。今後も筑波大学の発展に貢献できるような取り組みを行ってまいります。なお共創スタジオでは、 筑波大学との今回の取り組みを糧に、教育機関との更なる共創を目指し、産学連携を強化してまいります。

共創スタジオについて

共創スタジオは、当社の培ってきたアプリの成功失敗に関わる貴重なデータと知見を活かし、モバイルのビジネス活用を一気通貫でサポートするために開設されたスタジオです。モバイル時代において必要不可欠な、アプリやウェブサービスといったプロダクトをお客さまと共に創っていきます。プロダクトの企画、開発、運用から分析までと一気通貫した支援を行います。これまでに日本放送協会(NHK)の子ども向け動画アプリ「NHKキッズ」、日本三大花火の一つである長岡花火の公式アプリ、オートキャンプを中心に、多岐にわたり自然指向のライフスタイルを提案・実現しているSnow Peakの公式アプリなどを共創してまいりました。
URL:https://www.kyoso-studios.com/

フラー株式会社の概要

会社名:フラー株式会社
住所:千葉県柏市若柴 178 -4 柏の葉キャンパス 148 - 2 KOIL
共同代表:渋谷 修太、櫻井 裕基
設立日:2011年11月15日
事業内容:アプリ分析支援事業、 共創事業
URL: https://fuller-inc.com

報道関係者各位

フラー株式会社

モバイルの未来を共に創る仲間、募集中。

採用情報へ 〉